ブリュッセル 海外生活

ベルギー在住のおススメ!おいしいベルギーのおみやげ5選

更新日:

こんにちは、ぱんたです。

ベルギーにはおいしいものがいっぱいあります。日本人の好みや口に合うものが多く、旅行中や滞在中は食べる楽しみがたくさんです。

けれど、ほかの国での滞在と同じように、大切な人におすそ分けするお土産となると何を選べばいいか迷ってしまいますよね。

この記事では、私ぱんた( @reipantaCom )がベルギーで実際に買っているものの中から、これを選べば間違いなし!といえるような、お土産にもってこいのベルギー名物について、みなさんとシェアしたいと思います。

ぱんた
ベルギーの食に興味がある方も、ぜひお楽しみくださーい。

 

チョコレート

ちょっと高級なイメージのあるベルギーチョコは、間違いなくベルギー王国を代表する名産品

ひねりはありませんが、おいしく、軽く、ベルギーでも「特別感」のあるチョコレートは、やっぱりおススメのおみやげです。

ベルギーにある専門店のチョコは、日本に比べて価格設定が低めなのも嬉しいポイント。とはいえ、現地でも安いお買い物ではありません。なので、ちょっと特別なプレゼントをしたい場合にぴったりのおみやげです。

日本でもおなじみのゴディバやピエール・マルコリーニといったビッグ・ネームだけでなく、王室御用達チョコをはじめとする良質なチョコレートは現地でも高級品。お礼やプレゼントとして、菓子折りのような役割も担っています。

チェーン展開する大型チョコレート店だけでなく、小規模でもこだわりのある名店ショコラトリー(チョコレート専門店)もおススメです。試食をさせてくれるお店も多いので、味を知らなければスタッフに声をかけてみましょう。ぜひ自分だけのお気に入りショップを見つけてみてください♪

注意!

カカオバターは溶けやすいので、夏場のチョコレートには注意が必要です!保存温度が高いと、せっかくの風味が損なわれてしまいます。クーラーバックや新聞紙を用意するなど、持ち帰り方法を工夫しましょう。

 

ベルギービール

日本でも流行のベルギー・ビール。

現地では、文字通り気が遠くなるほどたくさんの種類が売られています。

フルーツビールなど、ビールが苦手な人でもおいしく飲めるものがあるので、ビールだからと敬遠してしまうのはもったいないです。

買う場所は、スーパーマーケットがおすすめ。お土産店の半分以下の値段で買うことができます。ちなみに、スーパーでの一般的なビールのお値段はボトル1本(250mlや330ml)100円未満~300円程度。

クリスマスシーズンが近づくと、シーズン・ビールと呼ばれる冬ビールが店頭に並びます。普段はお目にかかれない旬のビール。ボトルのラベルもクリスマスをモチーフにしてかわいいので、寒い季節のお土産にはぴったりです。

ウィンタービール1@ぱんたれい
レフのウィンター・ビール Leffe Bière d’Hiver はチョコにぴったり

こんにちは、ぱんた(@reipantaCom)です。 秋とはいえ、ブリュッセルはすでに東京の初冬のような肌寒さ。気が滅入るような寒い曇り空が憂鬱な季節ですが、ちょっと心が明るくなるような景色に出会いま ...

続きを見る

注意!

日本に免税範囲でもちこめるアルコール類は、成人1人あたり760ml以下のボトル3本までとなっています。(2017年11月20日時点、参考:税関の公式サイト

 

ベルギーワッフル

こちらもベルギーと言えばのお約束。

手軽に食べられるワッフルは小分け包装されたものも多く、オフィスで配ったりするのに便利です。

専門のパティスリー(洋菓子店)で作りたてを買うもよし、スーパーなどで小分けで袋入りになっている量産品を買うもよし。好みと目的で選びましょう。

ベルギーのワッフルは大きく分けて2種類あります。

ブリュッセル風ワッフル

日本で流行った分厚くて丸い形のタイプはブリュッセル風ワッフル。

ザラメが入っていて若干歯ごたえがあります。

リエージュ風ワッフル

一方、平べったい長方形のタイプは、リエージュ風ワッフル。

こちらはフワフワなので、お年寄りへのお土産にはこちらが食べやすいです。

 

スペキュロス

あまり馴染みのない名前ですが、ベルギーと言えばの名物クッキーです。

シナモン風味のバタークッキーで、現地のカフェでコーヒーや紅茶を頼むと、よくお茶うけについてきます。日本ではロータス( Lotus )というメーカーのものを目にすることがあります。

パティスリーのハンドメードはもちろん、スーパーマーケットでも色々なメーカーの、色々な形のスペキュロスが見つかります。チョコレート付き、小袋入り、漫画のキャラクター型など、選ぶのが楽しくなること間違いなしです。

スペキュロスはベルギーやオランダの名菓で、もともとは大きな木型で型抜きをしていました。昔ながらの形をした大きいクッキーは、奇妙な迫力があります。

11月から12月にかけては、サン・二コラ祭をモチーフにした可愛いパッケージが出回ります。冬にお土産を買うときは、こちらがイチ押しです。

 

チーズ

あまりピンとこないかもしれませんが、チーズ大国に挟まれたベルギーでは、おいしいチーズがたくさん売られています。

フランスやオランダのチーズがバリエーション豊かに手に入るのはもちろんのこと、ベルギーで作られているチーズもお土産にもってこいです。

写真のチーズは、ベルギービール「 Chimayシメイ 」の作っているもの。ビールと一緒に晩酌セットとしてお土産にするのも粋ですよ。

注意!

チーズは低温保存が基本です。ホテル内や飛行機内でもしっかり保冷できるよう、保冷剤や保冷バッグにいれて持ち帰りましょう。

 

まとめ

以上、ベルギーの王道おみやげ5選でした。

ベルギーフードは日本人の口に合うものが多く、現地で楽しむだけではもったいないくらいです。

この記事をヒントに、ぜひベルギーのお土産を選んだり、おねだりしたりしてみてください♪

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ブリュッセル, 海外生活
-, ,

Copyright© ぱんたれい , 2017 All Rights Reserved.