ヨーロッパの食卓 文化

レフのウィンター・ビール Leffe Bière d’Hiver はチョコにぴったり

更新日:

ウィンタービール1@ぱんたれい

こんにちは、ぱんた(@reipantaCom)です。

秋とはいえ、ブリュッセルはすでに東京の初冬のような肌寒さ。気が滅入るような寒い曇り空が憂鬱な季節ですが、ちょっと心が明るくなるような景色に出会いました。

ここ数日で、寒くなると飲める季節限定のウィンター・ビールを見かけるようになったのです。

そこで、今回はそんな冬物ベルギービールの1つ、レフのウィンター・ビールをご紹介したいと思います。

ウィンター・ビールとは

ビール王国ベルギーには、たくさんの種類のビールがあります。製法などによってその分類はいろいろ。

ウィンター・ビールは秋から冬にかけて出回る旬のビールのことを指します。

ベルギービールの多くは年間を通して製造・販売されていますが、ウィンター・ビールは名前の通り季節限定のビールです。

夏の暑い日にキンキンに冷えた爽やかなホワイトビールがたまらないように、寒い季節には温かい室内でゆったりと飲めるようなおいしいビールがある、というわけです。

特に、パーティーが増えたり家族が集まったりするクリスマス・シーズンが近づくと、クリスマス・ビールと呼ばれる各ブランド特製のウィンター・ビールが出回ります。

レフのウィンター・ビール

ウィンタービール2@ぱんたれい

さて、私が買ってきたのは日本でもおなじみの大手レフのウィンター・ビール。

クリスマスを髣髴とさせるような、赤いパッケージ&白い松ぼっくりの絵がラブリーです。

レフのウィンター・ビールは、赤茶色をした伝統的なアビービール。13世紀ごろに修道院で作られ始めたビールのレシピがもとになっています。

レフ ウィンター・ビールの基本データ

  • 色:きれいなこげ赤茶色。レフ ブラウンより赤っぽい。
  • 味:甘味とコクがありながら、後味はすっきり。口の中がべたつかず爽やかな飲みごこち。
  • 香り:スパイス、ドライフルーツ、キャラメルの豊かな香り
  • アルコール分: 6.6%
  • 原材料: 水、麦芽、コーン、大麦、砂糖、スパイス(オレンジピール、コリアンダーシード)、ホップ

通年販売されているレフ・ブラウンに近い色と味で、苦みが好きでない人にも飲みやすいビールです。

例えるなら、

エライ人
エレガントに香る女味のギネス

といった感じです。

寒い季節のビールとは言え5-6℃くらいにしっかりと冷やし、専用のグラスで飲むのが理想です。

専用グラスがない場合は、大きめのワイングラスで代用しましょう。

グラスの口が広いので、ビールの香りをしっかりと楽しむことができます。

 

日本でレフは買えるのか?

アサヒビールが4種類のレフを輸入し、国内の小売店やネットショップで販売しています。

ウィンター・ビールが見つからない場合は、レフ ブラウンがおすすめ。

ウィンター・ビールに味が近いので、おつまみもこのページでご紹介するものが好相性です。

 

ウィンター・ビールに合わせたいおつまみ

ほかのレフのビールと同様、ウィンター・ビールは食前酒(アペリティフ)としていただくのにぴったり。

簡単で最高の相性なのは、チーズやハム。ビールのほのかな酸味が、チーズやハムの脂肪分とよく馴染んで、それぞれの味を引き立ててくれます。

そして、ちょっと意外なビールのお供におすすめしたいのが、ベルギーお得意のチョコレート

ウィンター・ビールは独特の甘いキャラメルの香りがあるので、チョコレートとの相性が抜群です。

チョコ@ぱんたれい

カカオバターたっぷりのチョコレートは体温で溶けるので、まずはチョコレートを口でゆっくり溶かしてからビールを飲みましょう。

クルミ入りのチョコレートブラウニー、濃厚なガトーショコラなども、ばっちりのマリアージュです。

甘党でない方も、せひお試しあれ。

 

長い夜にゆっくりと

寒い風が吹く夜に、パチパチと燃える暖炉の横で頬を赤く染めながら、本を片手にゆっくりとグラスを傾ける……

我が家に暖炉はなく、優雅にのんびりとできる時間もなかなか持てないけれど、そんな妄想もふくらむようなビールです。

屋内で過ごす時間の増える季節だからこそ、その時間を楽しむ工夫は大切ですよね。旬なベルギー・ビールは、これからの季節におススメのアイテムです。

寒い季節、どうぞ温かくおいしくお過ごしくださいね。

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ヨーロッパの食卓, 文化
-, ,

Copyright© ぱんたれい , 2017 All Rights Reserved.