多文化子育て

子連れで外出は罰ゲーム?ヨーロッパと日本の子育てを取り巻く大きな温度差

投稿日:

outing3@ぱんたれい

いきなりですが、最近あらためて思うんです。ヨーロッパは小さな子供を連れて出歩きやすなぁ、と。別に外国至上主義ってわけじゃありません。

一概に「ヨーロッパ」と言っても、住んでいる国や地域によって事情は変わってくるのでより正確に言い直すと、イギリス、フランス、イタリア、ベルギーの都市部で赤ちゃんや幼児と外に出かけるのがラクチンだと思うんです。

歩道が石畳でベビーカーを押すには物理的に骨が折れる町などもありますが、何がいいって、心が楽。「子供は社会で育てる宝!」と言わんばかりの周囲の温かさをひしひしと感じるんです。

逆に言えば、そんな環境に慣れきっているので、里帰りした日本で子供と出かけるとあちこちに溢れる「子連れ邪魔」という窒息しそうな空気に驚きます。

子供や子育て世代がもっと生きやすくなるような、そんな雰囲気が日本社会に広がってほしいと願いつつ、ヨーロッパでの子育て外出環境をご紹介しながら日本の風潮との違いを比較していきたいと思います。

ステレオタイプとのギャップ

今でこそ北欧に代表されるような「子供に優しいヨーロッパ!エライ!」的な政策は知られるようになっていますが、一般的な話しをすればまだまだ「日本は安全!」という神話は健在で、「子育ては日本が安心だ」とか「外国でママと赤ちゃんで遠出?危険じゃないの?」などと感じる方も多いと思います。

  • 外国 = 弱肉強食、治安が悪い(文明化したマッドマックス的な)、しょせんガイジン
  • 日本 = 安全、治安が良い、そうは言っても日本人

ざっとこんなイメージでしょうか。

私も子供が生まれる前までは、根拠なくそう思うところがありました。ところが、ヨーロッパで実際子供を連れて外に出てみると、周囲の市民から受ける印象は全然違います。

  • 欧州(西の都市部) = 弱者を助ける、治安の悪いところにはそもそも子連れでも一人でも行かない、ことばは通じなくても分かってもらえる
  • 日本 = 弱者は見ない(または蹴落とす)、犯罪率が低くても突進してくる人間や車が多くて危険、ことばは通じても分かってもらえない

もちろん、一人ひとりの人間を見ればいろいろです。ヨーロッパでバギーを押しのけるような人もいれば、日本で泣いている赤ちゃんを一緒にあやしてくれる人だっています。

ただ、子供に対する社会全体の寛容さという点から考えると、欧州と日本では大きな違いを感じざるにはいられません。

ヨーロッパは社会全体が子育て応援ムード

outing1@ぱんたれい

先にあげた西ヨーロッパ諸国では、一人ひとりの市民の子育てに対する考えが圧倒的にポジティブです。

赤ちゃんや小さな子供に対する優しさ、子連れの家族に対する寛容さ。そんな雰囲気が社会全体にあるので、赤ちゃんや幼児を連れていても気負うことなく外出を楽しむことができます。

抽象的なお話しをしてもちっとも説得力がないので、日本と比べてどんなところが違うのかを具体的に見ていきましょう。

子供というだけで優しくしてもらえる

まず第1の違いは、単純に人が子供に対して優しい、そして子供にかまうということ。

例えば、ベビーカーで近所のスーパーに買い物に行ったとします。家から往復で1キロほどの距離でこんなことが起こります。

  • 道すがら前を通っただけの店のスタッフが娘に風船をくれる
  • 道端でマダムが「いい子ねぇ」と娘をほめたたえる(ベビーカーに座っていただけなので、なぜいい子かは不明)
  • スーパーで買い物していた人がニコニコと娘に話しかける
  • スーパーのレジ係が娘に話しかけ、ノベルティをプレゼントしてくれる(本来はスタンプ貯めてもらう景品)
  • 信号待ちで前を通ったバスの運転手さんが、笑いながら娘に手を振り返してくれる

小さな優しさの積み重ねは子供の心を豊かに育ててくれると思うんです。

「お家の外にも、ママやパパのように優しい人がいっぱいいる」

と繰り返し認識することで、子供にとってまだまだ知らないことだらけの世界が、楽しく素晴らしいところになっていくはずです。

 

 

子供連れにどんどん手を貸してくれる

これは、特に私が娘と2人で出かけるときによく感じることです。

例えば、娘がまだ赤ちゃんの頃、私は娘と2人でよく博物館に行っていました。博物館までの道のりは、地下鉄とバス。もちろんベビーカーで遠征です。

ロンドンでは、ベビーカーでバスや地下鉄に乗れるのはごく普通のこと。乗車してもベビーカーはたたみません。そのまま。なぜなら、地下鉄にもバスにもベビーカーをおけるスペースがあらかじめ用意してあるんです(厳密には車いすが最優先、その次にベビーカー優先のスペース)。

outing6@ぱんたれい

↑こちらはブリュッセルのバスの中。ベビーカーが乗ってくると、このエリアにいた人はさっと場所を譲る。

子連れだって快適に移動する権利が認められている、というわけです。

とは言え、ロンドンの地下鉄にはいまだにエレベーターもエスカレーターもない駅がたくさんあります。でも、3歳児級の重い1歳児がのったベビーカーを前にしても困りません!

「まあ、人がはけたらベビーカー担いで階段のぼるか」と思っている隙もなく、驚くほど多くの人が声をかけて運ぶのを手伝ってくれるからです。その手伝い方がサラッと自然で、助けてくれた人の頭に後光が見えるのは幻想かもしれませんが、心から感謝と尊敬の念を抱かずにはいられません。

つまり、ヨーロッパでは子連れだって公共交通機関を利用して外出できて当たり前。ハードでサポートできない分は、個人というソフトで補い、社会全体で子育てを助けていると言えます。

子供連れにもひらかれたサービスが多い

先の2つの例と重なるところがありますが、子供が社会にいることは当たり前で、子連れだからと言って基本的に公共のサービスを利用することが制限されたりはしません。

例えば、私が利用したイギリス、イタリア、ベルギーの公立図書館では、子供のための朗読やお歌の会(無料)を定期的に開催しています。その時間は当然ながら、ワイワイ、ガヤガヤ、キャーキャー、オンギャーと、それはまあ賑やかになります。

子供エリアのそばには論文を執筆している大学生もいれば、読書にいそしむ年配の紳士もいますが、喧噪にビックリする人こそあれ、嫌な顔をする人は見たことがありません。幼い子供もその親も肩身の狭い思いをすることなく、当たり前の権利として公共の施設やサービスを利用できるのです。

また、イギリスの一般的なパブは、赤ちゃんや子供を連れて入ることができます。気分転換に赤ちゃんを連れてベビーカーでパブに行き、ランチを食べながらビールを飲んでいる優雅なママの姿は普通に見かけます(子供保護の観点から店にいられるのは20時ごろまで)。

ヨーロッパにも子連れお断りの場所はもちろんありますが、それはジーンズでは入れないドレスコードのある特殊なお店のようなもの。特に近年は家族に優しい「ファミリーフレンドリー」なお店がトレンドになっています。

商売上の理由で消費者として子連れ家族を受け入れているのだとしても、私なら子供と心地よく過ごせる場所に喜んでお金を払いたいと思います。

また、ヨーロッパの中でも温度差はあって、イタリアなんかに行くとさらに子供はかわいがられ、子を連れている親も親切にされます。私がとても感動したのは、旅先の急な仕事でネット環境のあるカフェに入った時の事。事情を説明してコーヒーを待ちながら仕事を始めようとしたら、待っている娘のためにクローズしているエリアをわざわざ開けてテレビをつけてくれました。

ホントにもう圧倒されるほど、とことん懐が深いのです。

outing8@ぱんたれい

異なる子育てムードの背景には?

ヨーロッパ社会が子供や子育て世帯に対して懐が深いのは、そもそも子供や子育てに対する根っこのスタンスが違うからだと思います。

とりわけ日本社会と違うなぁと感じるのは、

  • 子育ては罰ゲームじゃない
  • 親は四六時中親でなくていい
  • 大人に余裕がある
  • 子供は社会の宝という認識

という4点です。

全体的に日本の雰囲気は不寛容

以上のような現地での子育て環境とは対照的に感じるのが、日本で娘と外出した時に周囲の人々の醸しだすムードです。

子育ては罰ゲーム?

outing4@ぱんたれい

まずびっくりするのがベビーカー移動の大変さです。

全駅エレベーター設置計画とか、ノンステップバスとか、ハードの部分では色々と動きやすい環境が整ってきているのに、それを活用してベビーカーで外出するとあからさまに疎まれる!これだけ日本でエルゴが普及しているのも大いに納得です。

ベビーカーで電車に乗ったらガラガラにすいていてもじろーっと睨む人がいますし、ベビーカーを持ってバスに乗ろうものならもう犯罪者扱い。すいたバスに閉じたベビーカーを持って乗車しても小突かれます。そしてどこからともなくヒソヒソと聞こえてくるのが「昔はベビーカーでは電車に乗るなんて考えられなかった」というルサンチマンです。

昔と今じゃ子供や親を取り巻く社会自体が変化しているということが置いてけぼりなのはともかく、「私が大変だったからあなたも大変な思いをして当たり前」という論理はあまりにも後ろ向き。コンテクストによっては罰ゲーム的で陰険なムードすら感じられます。

社会的にこんな子育て罰ゲームを続けていたら、子供の数は増えるどころか更に減る……。想像に難くありません。

親は常に親でいろ?

そして、こちらも日本で絶賛幅を利かせている「子供がいるのだから何でも我慢するのが当たり前」。

時として親が我慢することは大切ですが、しっかり子育てをすることと、常に親として過ごすことは大きく異なります。

例えば、「子供が幼い時は親がそばにいるべき」という3歳神話は1つの仮説でなく絶対的な正義と盲信し、アドバイスと言う名の押し付けをする人は少なくありません。常に親でいることを他人に要求して追い詰めたり、意味のない負い目を感じさせたり、いったい誰の得になるのでしょうか?

親にとって子供は何より大切で守るべき存在というのは大前提ですが、同時に親は一人の人間として生きる時間も持てるはずです。

大人に余裕がない?

直近の里帰りでは、あまりにたくさんの余裕のない大人を目にしました。子供になんてかまってる時間的、心理的な余裕がない。

混んでもいない場所で子供にぶつかりながら猛スピードで追い越していく働き盛りの男性、子供の頭にバッグをぶつけて押しのけるようにエレベーターにのる誰かの母であろう年齢の女性……。

大人に比べて体力も経験も圧倒的に少ない子供。それを前に悠然と弱きをくじくような行動の大人は少なくなく、子供を守るのにヒヤヒヤです。私から見ると日本での子連れ外出はハラスメントの連続。すごくしんどいです。

子供は社会のおにもつ?

このような個人的な経験に加えて、「保育園建設に反対する住民運動の理由はうるさいから」というような社会問題を耳にすると、とても悲しいけれど、今の日本は子供を育てる社会どころか、子供が邪魔とされる社会だと感じざるをえません。

子供を邪険にする大人は、こうした行動の招く将来をきちんと受け止める覚悟を決めているのでしょうか?子供を邪魔者扱いした大人が老いたとき、大人になった子供たちは弱者となった老人を大切にしようと思うでしょうか?

まとめ

parenting7@ぱんたれい

ずいぶん長くなりましたが、結局この記事で何が言いたかったかというと、「ヨーロッパ最高!」ということではなくて(欧州にも腐るほど問題はある)、子育てを取り巻く「針のムシロ」的な日本の風潮は見方をかえれば全然フツーではなく、決して絶対無二の子育て環境ではないという認識をあらためて共有したかったのです。

日本社会がもっともっと子供や子育て世代に対して寛容になり、社会全体で子供を育てよう!という雰囲気になっていくことを心から願うばかりです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

よく読まれている記事

1

イタリア人の名前は音的に日本人にも馴染み安く、商品、キャラクター、ブランドなどの名前としてもよく耳にします。 こちらのページでは、マリオやルイージなどイタリア人の姓名の「名」の方の名前について詳しくご ...

sheep@ぱんたれい 2

こんにちは、ぱんた( @reipantaCom )です。 私の娘はブリュッセルで幼稚園に通っています。日本の幼稚園と比べて大きく違う!と驚くことがたくさんあるので、ご紹介したいと思います。 ベルギーは ...

3

こんにちは、ぱんた( @reipantaCom )です。 主人が出張から2時に帰ってくると思っていたら12時に帰ってくると言われて驚き、予定を変更したら結局2時に帰ってくることが判明しました。 私はフ ...

4

こんにちは、ぱんた( @reipantaCom )です。 ここのところ、情報の一般公開制限、特定国出身者の入国禁止など、太平洋の向こうから驚愕のニュースが続々と届いています。 私は本来小心者なところも ...

ベルギー自然史博物館イグアノドン@ぱんたれい 5

ブリュッセルにあるベルギー自然科学博物館( Muséum des sciences naturelles de Belgique )。ベルギー王立自然科学研究所(Institut royal des ...

-多文化子育て
-, , ,

Copyright© ぱんたれい , 2017 AllRights Reserved.