文化

ヒューガルデン Hoegaarden |ベルギービールのテイスティング

投稿日:

ヒューガルデン5@ぱんたれい

こんにちは、実はソムリエ(イタリア限定)のぱんた( @reipantaCom )です。

最近、自分がビール大国(天国)にいることを思い出しました。そして、「せっかくだから飲み比べしよう!」という飲むための素晴らしい口実があったことに気づきました。

善は急げということで、早速お気楽テイスティングを開催して、いろいろなベルギービールをご紹介していこうと思います。

第1弾となるこちらの記事は、春先から夏にかけて欠かせない白ビールの親玉「ヒューガルデン」の利き酒がテーマ。ベルギーを代表するヒューガルデンの歴史、原料、豆知識などの情報と、4種類のヒューガルデン飲み比べについてご紹介します。

 

白ビールの代名詞ヒューガルデン(歴史)

 ヒューガルデン1@ぱんたれい

ベルギーで販売される白ビールの90%はヒューガルデン社のもの、という統計もあるように、ヒューガルデンと言えばベルギー白ビールの代名詞のようになっています。

その歴史は古く、500年以上の歴史があります。

まだベルギーがオランダ領だった時代、植民地からはたくさんの珍しいハーブやスパイスが持ち込まれました。ビールを作っていたベネディクト会の修道士たちが、これらのスパイスやハーブをビールに入れ始めたのが白ビールの原型です。

白ビールの特徴

白ビール(英: white beer 、仏: bière blanche )は、その名の通り普通のビールより白っぽい色をしています。

ビールらしからぬフレッシュな味わいと香りが特徴で、ビールの苦みが得意でない人にも飲みやすいビールです。

透明度の低い淡い黄色。日本の一般的なビールに比べて色が薄い。

 

味と香り

爽やかな喉ごし、苦みのない清涼感溢れる味。

白ワインを思わせるようなフルーティーな香りや、酵母の爽やかな香りが際立つ。

原料

  • 大麦麦芽
  • ホップ
  • 小麦
  • コリアンダー
  • オレンジピール
  • 酵母
  • 糖類

ヒューガルデンのテイスティング

ヒューガルデン2@ぱんたれい 

今回用意したヒューガルデンのビールは4種類。いずれも日本では発泡酒に分類されます。

  • Hoegaarden Blanche (ホワイト)
  • Hoegaarden Rosé (ロゼ)
  • Hoegaarden Radler Agrum (ラドラー、シトラス)
  • Hoegaarden Radler Lemon&Lime (ラドラー、レモン&ライム)

ちなみに、お値段は250mlのボトル1本あたり100円未満というお手頃価格。

おいしい温度はいずれも2~3℃ほどとなっているので、しっかり冷やしておきましょう。

簡単なおつまみとして用意したのは3つ(切って盛っただけの手抜き……)。

ヒューガルデン4@ぱんたれい

  • サラミ
  • チーズ(ミモレット)
  • グリッシーニ

サラミとチーズはごはんとの相性の参考に。グリッシーニは、パンのように口に残った味をリセットするのにも役に立ちます。

あとは、口の中をリセットするためのお水と、色を見るために白いナプキンがあれば十分(コップの背景に白いものを置いてあげると色がよく見えます。子供のお絵かき帳でもなんでもOK)。

それでは、写真の右から順に、それぞれのビールを詳しく見ていきます!

ヒューガルデン5@ぱんたれい

 

Hoegaarden Blanche (ホワイト)

「これぞヒューガルデン」の基本の白ビール

爽やかで軽い口当たりながら、しっかりとした味わい。きめ細かい泡も楽しめます(写真では泡が消えちゃってますが……)。

今回試飲した4種類の中ではアルコール度数が1番高いものの(4.9%)、ベルギーではそれほど強くない種類になります。

きりっと冷やして、お天気がいい日にピクニックやテラスでカジュアルに飲みたいビール。

食前酒にも最高だけれど、軽めの白ワインに合うようなお料理との相性がいいはず。

Hoegaarden Rosé(ロゼ)

ホワイトに赤い実系の果汁が加えられたバージョン(果汁10%、内6%以上はフランボワーズ果汁)。

鮮やかなピンク色と、甘い味わいが特徴。ビール特有の泡はほぼゼロ。

ホワイトに比べてアルコール度数も低く(3%)苦みを全く感じないので、ビールが苦手な人や甘いお酒が好きな人にはもってこい。

ごはんに合わせるよりも、食前酒としていただきたい。

Hoegaarden Radler Agrum (ラドラー、シトラス)

ホワイトのベースに、オレンジ(2.1%)、グレープフルーツ(0.1%)、ライム(0.1%)、ミカン(0.1%)、レモン(0.1%)の果汁が加えられています。

白ビールの味は感じられず、とにかく軽くて甘くてグレープフルーツ・ソーダのような味(外観も)。アルコール分も低いので(2%)、お酒自体が苦手という人にいいのかな。

炭酸は、ホワイトやロゼに比べて弱めです。

Hoegaarden Radler Lemon&Lime (ラドラー、レモン&ライム)

ホワイトのベースに、レモンとライムの果汁(0.5%)が加えられたもの。

シトラスと同じく炭酸飲料のような軽くて甘い味(外観も然り)。アルコール度数は2%。炭酸も弱め。

香りが独特なので、洗剤のように感じるかも。お試しで1回飲むのはアリですが、我が家の冷蔵庫にはストックしておかないなぁ、という味でした。

テイスティングのまとめ(というか好み)

夫婦そろって気に入ったのは、ホワイトロゼ

王道のホワイトは飽きのこない味で、特に夏場の冷蔵庫には常備しておきたい!ということで意見が一致しました(というかしている)。

ロゼは昼飲みや、夕食前の食前酒タイムのバリエーションとしていいね、という結論。また、ピクニックに行くときなんかもボトルや色がラブリーなので、「酒飲みピクニック」をいい具合にカモフラージュできそうです。

ホワイトとロゼは今まで飲んでいたビールだったので、結果的には好きなビールの再確認となり、新しいお気に入り発見にはなりませんでした。

Hoegaarden の発音について

ヒューガルデン6@ぱんたれい

原語では Hoegaarden とつづります。現地(ベルギー)でよく聞こえてくる発音は2通り。日本語でムリヤリ表記してみるとこんな感じです。

  • フラマン語の発音 ➡ フーガルデン
  • フランス語の発音 ➡ ウーガァデン
エライ人
でも、ぱんたちゃんはフランス語の2時と12時も聞き分けられないからね……
ぱんた
論より証拠、これを聞いてみてちょうだい。

 

フラマン語版CM

 

フランス語版CM

どちらもヒューガルデンには聞こえない……

グラスについて

ベルギービールの特徴の1つは、多彩なグラス。ビールの種類と同じく、バラエティ豊かなグラスがあります。

ヒューガルデンのグラスは、六角柱のようなタンブラー型。フレッシュな味わいを楽しむために、

  • 保冷に適した分厚いガラス
  • グラスの口が広い

といった特徴があります(ヒューガルデン公式サイトからグラスの画像が見れます)。

このグラス、もともとはジャムの空き瓶だったという説があります。旅人にビールを振舞う際に、グラスが見つからず、村人がジャムの空き瓶にビールを入れてもてなしたのがきっかけだったとか。確かな文献などが残ってはいないので、都市伝説である確率が高いようです。

まとめ

以上、ヒューガルデンを飲むなら、ホワイトかロゼがダンゼンおススメです。

どちらも「ビール」という飲み物の概念が変わるような爽やかな味わい。日本でもワインに準じるような形で流行っているので、身近に目にする機会も増えそうです。

これからの季節、お花見の席や海辺でも、ぜひ楽しんでみてください。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-文化
-,

Copyright© ぱんたれい , 2017 All Rights Reserved.