海外生活

フランス語で愛する人を呼んでみよう!

投稿日:

こんにちは、ぱんた( @reipantaCom )です。

みなさん、恋人や結婚相手といった大切なパートナーをどのように呼んでいますか?名前だったり、「パパ」や「ママ」といったことばだったり、2 人だけの秘密のあだ名だったりするのでしょうか?

欧米ではパートナーを名前ではない愛称で呼ぶ人が少なくありません。いわゆる、英語でいうところの「ダーリン」、「ハニー」、「ベイビー」、「シュガー」といった、ちょっとくすぐったい呼び方をする人が普通にゴロゴロいます。

そして、10人中6人はパートナーを名前ではなく愛称で呼ぶという統計*もあるフランスでは、その愛称もさまざま。傍から聞いていると恥ずかしいようなものから、まるで謎な愛称まで、いろいろな面白い「愛の呼びかけ」を知ったので、楽しく共有したいと思います。

ロマンチックな夕べに使ってみたら、恋心も愛情もぐっと深まるかもしれません♪

 

 ザ・王道 : ChériとChérie

一番使われている愛称がこちら、シェリー。周りのお友だち夫婦や親戚夫婦など、とにかく耳にする王道中の王道表現で、直訳すると「愛しの人」となります。

男性版と女性版があるほか、それぞれバリエーションがあります。

 

  • パパや彼を呼ぶとき
ぱんた
Chéri (シェリー)♡
ぱんた
Mon chéri (モン・シェリー)♡
  • ママや彼女をよぶとき
Mr. ぱんた
Chérie (シェリー)♡
Mr. ぱんた
Ma chérie (マ・シェリー)♡

 

そしてシェリーといえば思い出さずにはいられないのが、往年の名曲、ミッシェル・ポルナレフの『 Tout, tout pour ma cherié (シェリーに口づけ)』。


画像をクリックすると、リンク先からサンプルが聞けます。

タイトルは、「すべて、すべて、愛しい君のため」という意味で、一途な恋心を歌う曲です。

おいで、ぼくのそばに
君のこと、なにも知らないんだ
名前だって、歳だって
でも後悔なんかさせないよ
だって、愛する君になにもかも捧げるんだから
すべて、すべて、愛する君に

愛しているからシェリーと呼んでいたのか、名前を知らないからシェリーと呼んでいたのか、なかなかの難問。

 

大切なあなた:Mon cœur

こちらも鉄板の呼び方。 Mon cœur(モン・クー)は直訳すると「私のハート」。

体中に血を送る生のシンボルである心臓=人生の要である大切な人、といった意味合いがもともとあります。

こちらは、同じ呼び名が男性にも女性にも使えます。

 

ぱんた
Mon petit cœur (モン・プティ・クー)♡
Mr. ぱんた
Mon petit cœur (モン・プティ・クー)♡
ぱんた
Mon cœur (モン・クー)♡
Mr. ぱんた
Mon cœur (モン・クー)♡

 

問題なのは、心臓を意味する cœur の発音。カタカナで「クー」と表記しましたが、実際は「カー」と「クー」の中間のような日本人泣かせの音です。

正しい発音を意識して大いに気張って囁いたら、「モン・クー(私のハート)」が「モン・キュー(私のオシリ)」になって大喧嘩になった、というのは愛溢れる若かりし日の苦い思い出。

 

万国共通「ベイビー」: Bébé

こちらも男女共通の愛称 Bébé (べべ)。意味は「赤ちゃん」。英語の「ベイビー」と同じ愛称です。

所有形容詞 mon をくっつけると mon bébé (モン・ベベ)となって、愛情に独占欲をプラスできます。

歳を重ねると自分の赤ちゃんができることもあるせいか、特に20代前半未満の若い人が好んで使う愛称です。

ぱんた
Bébé (ベベ)♡

Mr. ぱんた
 Mon bébé (モン・ベベ)♡
お嬢
呼んだ?

歳を重ねて使ったら、何より愛しい我が子がもれなく登場する可能性大。

 

ちょっと濃いめ:Mon amour

こちらも鉄板の愛称 Mon amour (モナムール)。まんが『ベルサイユのばら』でもよく出てきた「ザ・フランス」的な表現ですが、もともとの意味は「我が愛」。

Mr. ぱんた
Mon amour(モナムール)♡
ぱんた
Mon amour(モナムール)♡

といった具合で、愛していれば女性にも男性にも使えます。

かなり濃厚な呼び方で、砂糖多め、こってりクリームたっぷりなイメージの表現。愛情が濃縮されています。相手が恋人でも結婚詐欺師でも、こう呼ばれたらもはや逃げられないと腹をくくりましょう。

 

 生物いろいろ

動物のかわいらしさが、パートナーの愛おしさに通じるのでしょうか。いろいろな動物の単語が大切な人を呼ぶ愛称として使われています。

  • Mon lapin (モン・ラパン): 僕のうさぎちゃん
  • Mon canard (モン・カナール): 私のあひるちゃん
  • Mon poussin (モン・プサン): 僕のひよこちゃん

などなど。

そんな中、驚くのがこちら。

Mr. ぱんた
Puce (ピュス)♡

女性を呼ぶ愛称ピュスは、直訳して驚きの「ノミ」。虫です。不快害虫です。ピョーン、ピョーン。

謎の愛称ピュスには、バリエーションもいっぱい。

Mr. ぱんた
Ma puce (マ・ピュス)♡
Mr. ぱんた
Pupuce(ピュピュス)♡
ぱんた
愛しているなら、呼び方変えて……

 

 意味が分からない愛称

結局のところ、愛称はニックネームと混じるところもあり、要はなんでもあり。それぞれのストーリーから生まれた、カップル固有のオリジナルな愛称もいっぱいあります。

私の出会った意味不明系、妄想系の愛称を一部ご紹介しましょう。

  • Nouille (ヌイュ): ヌードル
  • Mon petit prince(モン・プティ・プランス):私の小さな王子さま
  • Ma reine (マ・レーヌ):僕の女王さま
  • Mon beau chevalier(モン・ボー・シュバリエ):私のハンサムな騎士さま
  • Mon Apollon (モナポロン):私のアポロン
  • Ma déesse(マ・デエス):僕の女神さま
  • Petit sushi (プティ・スシ):小さなお寿司 
  • Crevette(クロヴェット):エビ

こうなってくると、もう訳が分かりません。分かる必要もありません。異種格闘技戦みたいです。

 

まとめ

以上のように、フランス語には愛情いっぱいの呼び方がいっぱいあります。

一言で強引にまとめるなら、

愛は盲目

といったところでしょうか。

みなさんもフランス語の愛称で、愛する人との生活に甘いスパイスをプラスしてみてはいかがでしょうか?

以上、パートナーから愛とおののきを込めて「ぱんたさま」と呼ばれるぱんた( @reipantaCom )でした。

おしまい

 

*コスモポリタンに2017年2月15日付で掲載の記事『 Surnoms mignons et petits noms d’amour : ce que les hommes en pensent…, Cosmopolitan より (2017年8月3日 参照)。

Follow me!

フォローよろしくお願いします!最新記事の更新をお知らせします♪

●Twitter

●Feedly
follow us in feedly

●Push7

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-海外生活
-, ,

Copyright© ぱんたれい , 2017 All Rights Reserved.