文化 映画

ファンタジー溢れる『夢のチョコレート工場』|子供と観る映画

更新日:

ロアルド・ダールの児童文学『チョコレート工場の秘密( Charlie and the Chocolate Factory )』を初めて映画化した作品、『夢のチョコレート工場( Willy Wonka & the Chocolate Factory )』 のレビューです。

3歳の娘と鑑賞した母親の視点で、ぱんた( @reipantaCom )が解説しています。

『夢のチョコレート工場』基本データ

近年世界的にヒットした『チャーリーとチョコレート工場( Charlie and the Chocolate Factory )』の30年以上前に公開された映画です。歌が各所に挿入され、ミュージカル構成になっています。

  • 原題: Willy Wonka & the Chocolate Factory
  • 製作: 1971年、アメリカ、1時間40分
  • 監督: Mel Stuart
  • 出演: Gene Wilder, Jack Albertson, Peter Ostrum 他
  • 観た言語: 英語(字幕付き)

『夢のチョコレート工場』あらすじ

ウィリー・ワンカの経営する謎に包まれたお菓子工場ワンカ。長く閉ざされていたその門が解放されるとなって、世界中が大騒ぎになります。

貧しい家庭の子供チャーリーは最後のチケットを手に入れ、夢のような気持でおじいさんとワンカの工場見学へ出かけます。

チャーリーたち招待客は、ウィリー・ワンカの案内で秘密や不思議がいっぱいの工場の中へ入っていき……

『夢のチョコレート工場』ぱんたの評価

9/10

ポイント

  • 子供向けの文学の名作を映画化した名作映画。
  • 子供の空想力をかきたてるファンタジー溢れる映画。
  • えばりん坊や、食いしん坊、優しい子供など、子供らしい子供がたくさん描かれている。
  • 夢、希望、誠意、優しさなど、子供に教えてあげたいテーマがちりばめられている。
  • 登場人物ウンパ・ルンパの不思議な歌や踊りをスパイスに、子供が飽きずに楽しめる。
  • シンプルな英語で、原語で見ても分かりやすい。

『夢のチョコレート工場』の見どころは、ファンタジー!

メル・スチュアートの『夢のチョコレート工場』には、原作となったロアルド・ダールの夢溢れるファンタジーの世界が見事に描かれています。

工場内の数々の不思議なシーンなど、CGを使用せずに手作りのセットを駆使していることもあり、本を読んでいて頭にファンタジーの世界が広がるような、とても奥行きのある世界が描かれています。

また、名優ジーン・ワイルダーの演じるウィリー・ワンカは、何とも魅力的。ルイス・キャロルの『アリスの不思議な世界』に登場しそうな、謎に満ちた不思議で素敵な、そう、まるで子供のような大人なんです。

ところで、ロアルド・ダールの同じ作品はティム・バートンも映画化しています(『チャーリーとチョコレート工場』)が、バートン版はファンタジーの世界が全体的にダークというかゴス。暗い影が落ちている感じです。ジョニー・デップの演じるウィリー・ワンカも、ウィリー・ワンカというより「いつものジョニー・デップ」。面白いけれど、分かりやすいCM映像のような映画に感じました。

さて、話は戻ってメル・スチュアート版の『夢のチョコレート工場』。こちらも奇妙なシーンがちりばめられていますが(お菓子屋の店主やチャーリーの先生は本当に怪演!)、これが暗くない、明るいんです。奇妙なシーンは、子供が見ている大人の世界なのでしょう。子供にとって大人の生きる現実は時に不思議で時に奇妙だけれど、その世界はこんな明るさを持っていてほしい。この映画を娘と観ながらそう思いました。

『夢のチョコレート工場』を観終わって

私は10年ほど前にティム・バートン版の映画を観ていましたが、メル・スチュアート版の存在はかなり後になるまで知りませんでした。娘と一緒にと言いながら、自分の方がうっとり観てしまうくらい。つくづく隠れた名作だと感動しました。

観終わった後に、バートン版の『チャーリーとチョコレート工場』を観てみたり、原作のダールの本を子供と呼んでみたりするのもおススメです。

映画に登場するウンパ・ルンパのシーンは、かなりサイケデリックでシュールですが、子供の心もぐっとつかみます。観終わった後は、ご家庭にウンパ・ルンパがやってくるかも。我が家には、「ウンパ、ルンパ……」と口ずさみながら不思議ダンスを踊る3歳児が出現しました♪

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-文化, 映画
-, , ,

Copyright© ぱんたれい , 2017 All Rights Reserved.