多文化子育て

エッグハントだけじゃない!ヨーロッパの子供が楽しんでいるイースターの遊び6選

更新日:

 

イースターは子どもたちにとっては楽しいイベント。いろいろなイースターの遊びがあります。

私ぱんた( @reipantaCom )は大和魂溢れる日本人ですが、娘(幼稚園児)を通して知ったヨーロッパのイースター遊びをご紹介したいと思います。

*ヨーロッパと大きく銘打ってますが、以下、イギリス、フランス、ベルギー、イタリアの4か国で知った遊びとなります。

エッグハント

日本でも流行ってきたと耳にしたエッグハント。直訳すると卵狩りと物騒な感じですが、庭などの屋外で隠されたチョコレート型の卵を探すというのどかな遊びです。

イギリスやベルギーでは、幼稚園の園庭で行われたり町内会主催の大規模なエッグハントが公園で開かれたりします。

イースターの頃は気候もいいので、ピックニックをしながら余興でエッグハントをするのもおススメです。

用意するもの

  • 卵型チョコレート
  • 集めたチョコを入れるカゴや袋

子供の年齢が小さい場合は、チョコレートの代わりに赤ちゃん用のお菓子で代用します。

娘は1歳半の時に初めてエッグハントに参加。見つけたチョコレートを片っ端からむさぼり食うという暴挙に出ました。

チョコを隠す仕込みの際は、子供がすぐに食べられないような工夫をしておくと安心です。 

また、地面に直接お菓子を置くのはちょっと……という場合には、お菓子と引き換えできるような卵のパネルを探させたりするのも一案。

また、卵型のケースにお菓子を入れてしまうのは汚れも気にならず便利です。

イースターボンネット

イースターボンネット@ぱんたれい

これはイギリスの子供たちに人気の工作。

もととなる帽子(ボンネット)に思いおもいの飾りつけをし、それをかぶって歩きます。

娘は2歳の時にお友だちと一緒に初めて作りましたが、几帳面な子、1つの飾りにこだわる子、とにかく上に盛る子、などなど、各人の個性が出て面白かったです。

用意するもの

  • もとになる帽子
  • 飾り
  • ボンド

100均で売られている麦わら帽子は、現地で売られているイースター・ボンネット用の帽子に近いのでおすすめです。ちなみにロンドンの子供たちは、以下のような帽子を使っていました(娘の使ったのは同じ素材でレースなし)。

飾りはイメージを膨らませて、お好みで色々と用意します。ご参考までに私が用意したのは、

  • ヒヨコ、卵、ウサギ、羊などがモチーフの飾り
  • 羽根かざり
  • ラメ(ラメペン)
  • ポンポン
  • リボン
  • シール

などです。

お友だちと一緒に作ると楽しみも倍増。お子さんがご自慢のボンネットをかぶって歩く姿は、まあなんとも可愛いです♡

エッグ・ペインティング

子供があとで食べることを考えると、ゆで卵には食用素材でペイントするのがおススメです。

用意するもの

  • ゆで卵
  • 絵の具、食用色素、または紫キャベツの煮汁など

ゆで卵の表面をよく乾かして、色素を絵の具のようにして絵を描くもよし、色素を水で薄めてそこに卵を沈めてもよし。食材を煮出した煮汁を使う場合は、お酢を少し足して卵を30分以上漬け込みます。

工作用の卵型素材を使えば、手持ちの工作グッズでデコレーションすることができます。

クッキーでイースター・エッグ

卵やウサギの形をしたクッキーにデコレーションします。

用意するもの

  • クッキー生地
  • クッキー型
  • デコレーション(アイシング、スプレーチョコなど)

クッキー生地は親が作っておき、型抜きとデコレーションだけ子供にさせれば楽ちん。

粘土遊びと同じ感覚ですが、ヨーロッパの季節感と文化がちょぴりプラスできます♪

日本ならではのこんなに可愛いキットを使って、卵型チョコレートを作るのもありですね。

エッグ・アンド・スプーン・レース

こちらもピクニックの余興としておススメ。

その名の通り、スプーンに卵を乗せて走るレースです。

小さな子供の場合は、深めのスプーンに卵型の一口チョコを乗せると、重さもなく難易度も下がります。

用意するもの

  • スプーン
  • タマゴ、または卵型チョコ

よちよち歩く子供のレースも、大真面目で疾走するパパのレースも、ほのぼのと春を感じさせてくれること間違いありません。

イースターのカゴ飾り

イースター工作@ぱんたれい

こちらは娘が春休み前のスペシャル版工作として幼稚園から持ち帰ったもの。

厚紙などでカゴを作り、イースターのモチーフでデコレーション。カゴの中は鳥の巣をイメージして、タマゴ型のチョコレートがたくさん入っています(幼稚園で開催したエッグハントの戦利品)。

イースター工作2@ぱんたれい

幼稚園では本物ワラの上にむき出しのチョコを直置きという大らかな仕上がりでしたが、ラッピング用のペーパークッションを使うといいと思います。

ご自慢のお手製カゴはエッグハントで使えます。また、アイシングしたクッキーやエッグチョコを入れてちょっとしたプレゼントしてもかわいいです。

 

以上、ヨーロッパの子供が楽しんでいるイースターの遊び6選でした。

それでは、どうぞみなさんも楽しいイースターを♪

スポンサーリンク

スポンサーリンク

よく読まれている記事

1

イタリア人の名前は音的に日本人にも馴染み安く、商品、キャラクター、ブランドなどの名前としてもよく耳にします。 こちらのページでは、マリオやルイージなどイタリア人の姓名の「名」の方の名前について詳しくご ...

sheep@ぱんたれい 2

こんにちは、ぱんた( @reipantaCom )です。 私の娘はブリュッセルで幼稚園に通っています。日本の幼稚園と比べて大きく違う!と驚くことがたくさんあるので、ご紹介したいと思います。 ベルギーは ...

3

こんにちは、ぱんた( @reipantaCom )です。 主人が出張から2時に帰ってくると思っていたら12時に帰ってくると言われて驚き、予定を変更したら結局2時に帰ってくることが判明しました。 私はフ ...

4

こんにちは、ぱんた( @reipantaCom )です。 ここのところ、情報の一般公開制限、特定国出身者の入国禁止など、太平洋の向こうから驚愕のニュースが続々と届いています。 私は本来小心者なところも ...

ベルギー自然史博物館イグアノドン@ぱんたれい 5

ブリュッセルにあるベルギー自然科学博物館( Muséum des sciences naturelles de Belgique )。ベルギー王立自然科学研究所(Institut royal des ...

-多文化子育て
-, ,

Copyright© ぱんたれい , 2017 AllRights Reserved.