イギリス 多文化子育て

イギリスで子供のワクチン接種(英語訳付)

更新日:

赤ちゃんの足

イギリスで、赤ちゃんや就学前の子供を対象に行われているワクチン接種について、基本情報をご紹介します。

私の娘はイギリスで大半の就学前ワクチン接種をしましたが、イギリス前後に住んだ国や日本のワクチン事情との比較で苦労しました。わが子のために頑張るけれど、いやー毎回メンドウです。

辞書で調べるのが面倒なワクチンの英語名一覧もあるので、参考にしてくださいね。こちらでご参考いただいた概要をもとに、現地医療機関による最新情報を確認することもお忘れなく!

(イギリスで就学後に接種する大きい児童用のワクチンや、各ワクチンや病気についての詳細は、イギリスの国民保健サービス NHS (National Health Service)   の公式サイトから情報を集めることができます。)

イギリスの母子手帳 Red Book

イギリスでは、日本の母子手帳にあたる PCHR や Red Book と呼ばれる子供の健康手帳に、予防接種の記録がつけられます。

子どもがイギリス以外の国で生まれた場合は、ホームドクターである General Practice に相談すると Red Book をもらえます。現在は、オンラインバージョンもあります。詳しくは、e-redbook の公式サイトからどうぞ。

接種の時期は手紙で通知

イギリスの国民保健サービスに加入している場合は、ワクチン接種の時期が近づくと、ホームドクターである General Practice ( GP )から手紙で連絡が来ます。その後、手紙に書いてある連絡先に電話をして予防接種の予約をする、というのが基本の流れ。

しかし、連絡が遅い場合や来ない場合もごくごくフツーにあるので、接種時期をすぎて連絡がなくても大丈夫。Keep Calm and Carry On. 自分から GP に電話をして予防接種希望の旨を伝えて予約をとりましょう。

ちなみに、NHS加入者のワクチン接種(定期接種)は無料です(任意のワクチン接種は有料)。

ワクチン接種で予防できる病名の日英対訳表

まとめましたよー!ワクチンが予防する病名の日本語と英語の対訳表です。いずれも就学前に接種するワクチンで予防できる病気のみ掲載しています。

イギリス ワクチンで予防する病気

*母親がB型肝炎キャリアの場合は、ワクチン接種が必須。

表記説明

  • 黒字: 定期接種。イギリスでは無料接種
  • 青字: 任意接種。イギリスでは有料接種。
  • ワクチンの横に記した数字は、接種する時期の目安。子供の歳で、w=週歳、m=月齢、y=年齢となります。

イギリスのワクチン名英語訳

こちらもまとめましたー!各病名と、それをカバーするワクチンを日本語と英語の対訳表です。いずれも就学前に接種するワクチンを掲載しています。

イギリスのワクチン日仏対訳

表記説明

  • 黒字: 定期接種。イギリスでは無料接種
  • 青字: 任意接種。イギリスでは有料接種。
  • ワクチンの横に記した数字は、接種する時期の目安。子供の歳で、w=週歳、m=月齢、y=年齢となります。
  • 複数の病気に対応している同一のワクチンについては、各病名の横に記しています(ジフテリア、百日咳、破傷風、急性灰白髄炎を予防する四種混合など)。

私は要領が悪いので、毎回ワクチンの確認作業は本当に大変でした。このページのまとめで、イギリスのワクチン事情の概要が見え、辞書を引く手間が省けたら本望です。少しでもママやパパが手抜きできますように!

このページの参照ソース

いずれも2016年9月の情報を基にしています。

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-イギリス, 多文化子育て
-, , ,

Copyright© ぱんたれい , 2017 All Rights Reserved.