文化

イタリアのレストランでオーダーする方法

更新日:

オステリアのメニュー©ぱんたれい

イタリアン・レストランでのメニューの読み方と、現地イタリアでの基本マナーを押さえたところで、具体的なオーダーの仕方です。

イタリアのレストランでは、前菜からデザートまでのフルコースを気張って食べる必要はありません。お腹の空き具合にあった量を注文しましょう。

オーダーのタイミング

注文のタイミングは大きく3回あります。

  • 食前のオーダー(食前酒)
  • 食事のオーダー(前菜、主菜、副菜、デザート)
  • 食後のオーダー(デザート、コーヒー、食後酒)

 

食前のオーダー

ワイングラス©ぱんたれい

テーブルに案内されると、メニューも見る間もなく飲みものの注文を聞かれる場合があります。

食前酒を飲みたい場合は「グラスで発砲ワインのプロセッコ」などと答えるのが王道ですが、メニューをじっくり見たい場合や食前酒がいらない場合などは「まずメニューを見ます」と答えましょう。

高級店など、食前酒を飲むためのバーやラウンジがあるレストランもあります。

 

食事のオーダー

ビステッカ・ディ・マイア―レ©ぱんたれい

お料理の注文です。ワインも同じタイミングで注文します。

フルコース食べられない場合は、好きな料理だけ組み合わせます。カジュアルなレストランであれば、お昼は1品だけ注文する人もいます。夕食は、2品以上のオーダーが普通です。よくある料理のオーダー例は、次の通り。

お昼のオーダー例

プリモ (+ ドルチェ)

セコンド + コントルノ(+ ドルチェ)

夜のオーダー例

アンティパスト + プリモ (+ ドルチェ)

アンティパスト + メインディッシュ + コントルノ(+ ドルチェ)

プリモ +  セコンド + コントルノ(+ ドルチェ)

アンティパスト + プリモ +  セコンド + コントルノ(+ ドルチェ)

大人2人の夕食オーダー例

大人1: アンティパスト + セコンド + コントルノ +  コーヒー

大人2: プリモ + セコンド  + コントルノ + デザート +  コーヒー

飲みものは、赤のハウスワイン1/2リットルとスパークリングウォーター1/2リットル。

最初に運ばれてくる皿は、大人1がアンティパスト、大人2がプリモピアットと異なるので、ウェイターに頼んでアンティパストとプリモを同時に持ってきてもらいます。

イタリア語のメニューについて

イタリア語メニューを読むためには要は勉強すればいいのですが、多種多様なイタリア各地のメニューを記憶するのは相当骨が折れます。また、「 Antipasto intuitivo(直観的な前菜)」のように、イタリア語が分かってもぜーんぜん意味わかりませーんっ!というメニューも往々にしてあります。

分からないときは、鬼が出るか蛇が出るかとトライするのも一興ですが、ウェイターに聞くのが一番です。

食後のオーダー

食事が終わると、デザートやコーヒーの注文を聞かれます。デザートメニューを持ってきてもらいましょう。

テーブルに運ばれてくる順番は、デザート、コーヒー、食後酒となっています。

イタリア人は、食後のコーヒーにカプチーノやカフェラテを頼むことは稀です。エスプレッソが強すぎる場合は、水分が2倍の caffè lungo (カッフェ・ルンゴ)や、ミルク入りの caffè macchiato (カッフェ・マッキャート)がおススメです。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-文化
-, , ,

Copyright© ぱんたれい , 2018 All Rights Reserved.