文化

読み方は簡単!イタリアン・レストランのメニュー

更新日:

イタリアのテーブルワイン©ぱんたれい

イタリアで行くレストランが決まったら、次はメニューの見方を確認しましょう。

まずは、イタリア料理レストランのメニュー構成を見ていきます。

イタリア料理フルコースの構成

イタリアンのフルコースは、おおまかに以下の5つのカテゴリーに分けられます。レストランのメニューには、このカテゴリーごとに色々な料理が並んでいます。

  • Antipasto (アンティパスト): 前菜
  • Primo piatto (プリモピアット): 第1の皿
  • Secondo piatto (セコンドピアット): 第2の皿(メインディッシュ)
  • Contorno (コントルノ): 付け合わせ
  • Dolce (ドルチェ): デザート

上記すべてから成るフルコースを必ず食べる必要はなく、自分の食べたい分だけチョイスして注文します。

パンは席料に含まれていることが多く、オーダーしなくても出てきます。

注文したすべての料理が揃ってテーブルに並ぶことはなく、アンティパストから順番に運ばれてきます。運ばれてきた料理を食べ終わると次の料理が運ばれてくる、という仕組みです。

次は、それぞれのカテゴリーについての説明です。

Antipasto (アンティパスト): 前菜

アンティパスト©ぱんたれいアンティパストの単語を分解すると anti (~の前の) + pasto (食事)。文字通り前菜です。「アンティ」と短縮して呼ばれることも。複数形は antipasti (アンティパスティ)。

オーダーしてから比較的早く出てくるので、プリモピアットを待つ間のおつまみにもなります。プロセッコなどの食前酒 ( aperitivo)やワインと一緒にいただきます。もちろん、アルコール抜きでも。

サラダ、サラミやハムの盛り合わせ、カルパッチョ、ブルスケッタ、コロッケなど。盛り合わせの場合はボリュームがあるので、2~3人くらいで取り分けてもいいです。

 

Primo piatto (プリモピアット): 第1の皿

大きなラビオリ©ぱんたれいスープ、パスタ、リゾットなどの料理。いわゆる「イタリア料理」として日本でも浸透しているメニューは、このカテゴリーに多いです。

複数形はプリミピアッティ。プリミ、プリモなどとも呼ばれる。

ワインは、メニューに合わせて白か赤を選びます。

 

Secondo piatto (セコンドピアット): メインディッシュ

魚のセコンドピアット©ぱんたれい主に魚や肉のメインディッシュがあります。付け合わせがセットになっている場合と、ない場合があります。

複数形はセコンディピアッティ。セコンド、セコンディとも呼ばれるほか、カルネ(肉)、ペッシェ(魚)などと呼ばれることも。

ワインは、メニューに合わせて白か赤を選びます。

 

Contorno (コントルノ): 付け合わせ

コントルノ©ぱんたれいメインディッシュと一緒にいただく付け合わせの野菜。レストランによっては、付け合わせもメインディッシュに盛り込まれている場合があるので、メニューを確認しましょう。

軽めの付け合わせには、サラダやオーブンで焼いた野菜などがおススメ。食欲全開で大いに食べたいときは、インゲン豆やポテト類の付け合わせを頼むとかなりボリュームがあります。

コントルノのサラダを前菜としてオーダーすることもできます。

 

Dolce (ドルチェ): デザート

マチェドニア©ぱんたれい『Dolce vita (甘い生活)』の、ドルチェ。甘~いデザートです。アイスクリーム(ジェラート)、ティラミス、パンナコッタなど、日本でも人気のスイーツがたくさんあります。

オーダーは、食事が済んでからコーヒーや食後酒などと一緒に頼みます。デザートメニューを用意しているレストランが多いです。

お腹がいっぱいのときは、デザート代わりに甘い食後酒を頼むのもアリです。

 

さあ、続いてはイタリアのレストランでスマートに食べるための10のテーブルマナーをご紹介します。

こちらもおすすめ♪

ピノキオのレストラン©ぱんたれい
本場イタリアン・レストランの種類

イタリア滞在中には、ほっぺたが落ちるような本場のイタリアンを食べに行きたいもの。 とはいえ、食文化大国のイタリアには多種多様なレストランがひしめきあい、どのお店に入るか迷ってしまいます。 ここでは、本 ...

続きを見る

屋外のテーブル©ぱんたれい
縁起をかついでイタリアン|イタリアの迷信(食卓編)

  イタリア各地には、たくさんの面白い迷信や民間信仰があります。 ここでは、レストランでも役に立つ食卓にまつわるイタリアの迷信をまとめます。美味しイタリアンを食べながら、幸運を呼び寄せましょ ...

続きを見る

ビステッカ・ディ・マイア―レ©ぱんたれい
イタリアのレストランでオーダーする方法

イタリアン・レストランでのメニューの読み方と、現地イタリアでの基本マナーを押さえたところで、具体的なオーダーの仕方です。 イタリアのレストランでは、前菜からデザートまでのフルコースを気張って食べる必要 ...

続きを見る

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-文化
-, , ,

Copyright© ぱんたれい , 2017 All Rights Reserved.