文化

本場イタリアン・レストランの種類

更新日:

ピノキオのレストラン©ぱんたれい

イタリア滞在中には、ほっぺたが落ちるような本場のイタリアンを食べに行きたいもの。

とはいえ、食文化大国のイタリアには多種多様なレストランがひしめきあい、どのお店に入るか迷ってしまいます。

ここでは、本場イタリアにあるイタリアン・レストランの選び方や、イタリア料理レストランの種類をご紹介します。

イタリアン・レストランの選び方

レストランを選ぶ主な方法は3つ。以下、それぞれの注意点も一緒に説明します。

予め調べてお目当てのレストランを絞る

調べるガイドブックやサイトによっては、紹介されている内容と実際の様子が大きく異なる場合があります。シェフが変わると料理の質もガラッと変わることがあるので、ガイドブックのやサイトは発行や更新が新しいものを参照しましょう。

高級店を選ぶならミシュランなど定評のあるガイドが役に立ちます。

トリップアドバイザーのようにインターナショナルな口コミのサイトは、どこの国の人がコメントしているかも重要です。舌の肥えているイタリア人のコメントは参考になることが多いです。

現地イタリア人におすすめの店を訊く

どんなイタリア人に尋ねるかが重要です。現地に知り合いがいれば、それが一番。そうでなければ、コーヒーを飲みに入って感じのよかったバールの店員、買い物をして気が合った店員などに聞いてみるのも手です。予め調べておいたレストランの現地評価を聞くのもいいと思います。

ホテルやガイドに尋ねる場合は、レストランからの紹介料を目当てにイマイチなお店を薦めてくる人もいるので、注意が必要です。

尋ねる場合は、いいレストランと漠然に質問するだけでなく、食べたいもの、魚が美味しい店、ワインが豊富な店、ピザの名店、など、具体的に質問するのもアリです。

道すがら気になったレストランに入る

直感的なフィーリングで入ってみたら大当たり!というお店も結構あります。お店を見極めるポイントは、清潔さ、従業員の話し方や態度、店の混雑度(イタリア人率の高い方が美味しいことが多い)、メニュー内容など。一種の「賭け」なのでハズレがあることも込みで楽しめる方にはお勧めです。

イタリアのレストランの種類

セコンドピアットの肉料理©ぱんたれいイタリアのレストランの呼称はいろいろとあります。以下にまとめたのは代表的な名前です。元来はそれぞれレストランのカテゴリーを表していましたが、現代イタリアでは一概に名前からレストランの格や種類を判断するのは難しくなっています。

イタリア語表記の隣は、実際の発音に近い読み方を記しています。

Ristorante リストランテ

日本のレストランにあたる。高級な星付店からカジュアルな店まで、種類はさまざま。

Trattoria トラットリーア

もともとは「大衆食堂」的なレストランのこと。日本ではトラットリアと呼ばれることも。カジュアルなレストランが多い。

Osteria  オステリーア

もともとは「居酒屋」的な料理店。日本ではオステリアと呼ばれることも。現在は高級レストランからカジュアルなレストランまでいろいろ。Hosteria と疑似ラテン語で表示しているところもあります。

Taverna タヴェルナ

もともとは「大衆食堂」。現在もカジュアルなレストランが多い。

Tavola calda ターヴォラ・カルダ

簡易食堂。日本の学食的なイメージです。カウンターで注文すると、出来上がっている料理をすぐに盛って出してくれます。ディープな雰囲気の食堂で、イタリア上級者向けです。

Rosticceria ロスティッチェリーア

もともとはローストなどを売っている「惣菜屋」。ターヴォラ・カルダのように、出来合いの料理をすぐに出してくれるところが多いです。

Mensa メンサ

大学や会社の食堂。国立大学の食堂には、学生や大学関係者以外も利用できるところがあります。

その他の専門店いろいろ

エノテカ©ぱんたれい

一般的なレストランのほかに、お店の「ウリ」を冠したさまざまなレストランがあります。

*イタリア語表記の隣に、実際の発音に近い読み方を付しています。

Enoteca エノテーカ

もともとの意味は「ワインのコレクションを所蔵している場所」。日本ではエノテカとも呼ばれています。ワインのコレクションが豊富なレストランのほか、ワインバーやワイン販売所にもこの名前をつけているところがあります。

イタリアで1、2を争う高級レストラン「Enoteca Pinchiori (エノテカ・ピンキオーリ)」も、その名の通りワインなくして語れないレストラン。

Enoristorante エノリストランテ

こちらもワインを売りにしたレストラン。シックな店が多いです。

Pizzeria ピッツェリア

ピザ専門店、またはピザが売りのレストラン。切り売りのピザを販売しているファーストフード的な店もあります。全体的にカジュアルなところが多いです。

Tripperia トリッペリーア

牛の胃袋の煮込み料理「トリッパ」の専門店。郷土料理なのでカジュアルなところが多いです。

Paninoteca パニノテーカ

サンドイッチであるパニーノ専門店。軽食があるところも。レストランというより喫茶店でご飯を食べる感覚です。

Birreria ビッレリーア

ビール専門店。飲むのがメインのパブ的なところもあれば、地ビールのコレクションがあるレストランもあります。

こちらの記事もおすすめです☆

屋外のテーブル©ぱんたれい
縁起をかついでイタリアン|イタリアの迷信(食卓編)

  イタリア各地には、たくさんの面白い迷信や民間信仰があります。 ここでは、レストランでも役に立つ食卓にまつわるイタリアの迷信をまとめます。美味しイタリアンを食べながら、幸運を呼び寄せましょ ...

続きを見る

アンティパスト©ぱんたれい
読み方は簡単!イタリアン・レストランのメニュー

イタリアで行くレストランが決まったら、次はメニューの見方を確認しましょう。 まずは、イタリア料理レストランのメニュー構成を見ていきます。 Contents1 イタリア料理フルコースの構成2 Antip ...

続きを見る

イタリアン・テラス席©ぱんたれい
本場イタリアンをスマートに食べる10のレストランマナー

イタリアに到着したら、「ぶぉんじょるのー!」と軽やかにレストランに飛び込みたい反面、今一つイタリアンのテーブルマナーがはっきりせずにためらうことも。 同じイタリア料理とは言え、日本とはちょっと違うイタ ...

続きを見る

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-文化
-, , ,

Copyright© ぱんたれい , 2017 All Rights Reserved.